オスプレイ社 八十年戦争のオランダ陸軍(洋書)

過去にRobertsによる2冊があったため、敢えてまんまのタイトルでは出ないと思っていた八十年戦争もの。この時代のシリーズはハプスブルク側に偏っていたので、そのカウンターパーツとしての出版でしょうか? Robertsも含め、オランダ関連をまとめてご紹介。

Dutch Armies of the 80 Years’ War, 1568-1648 (1): Infantry

  • 著者: Bouko de Groot
  • 新書: 48ページ
  • 出版社: Osprey Pub Co
  • 発行年月: 2017/3/14

読書メモ

アマゾンレビューでは「本文は既出のコピペ並」との批判でけっこうボロクソでしたが、オスプレイしかもMAAシリーズに求めるには充分すぎる内容かと思います。オスプレイは別に新説発表の場でもないですし、短いページに必要な知識がコンパクトにまとまっています。そして図版の中には、このサイト内にも即反映させよう!と思えるような初出の小ネタがいくつもありました。何よりオランダ人かつ軍務経験者による著作は、オスプレイのこの時代ものの中でも初だと思います。オランダ語とドイツ語の原典にあたっているので、むしろそこらの英語の焼き直しよりも信頼感はあります。

この本の中でいちばんありがたかったのは、八十年戦争期間の各州(あるいは各国)歩兵連隊の連隊長リスト! こんなもの余所で見たこと無いです。しかも続刊では騎兵・砲兵連隊長リストもあるとのことで期待大。

ほかには、八十年戦争期間中の戦いに1-125まで付番され、それが地図上にプロットされています。これも「バトルとスカーミッシュの区別もされず意味がない」とレビューされてましたが、一目で傾向のわかる面白い試みだと思うんですけれどね。リストも地図も、オタクが地道にチクチク作っていたものを気前よく一般公開してくれた感があります。

人物の肖像画や挿画のチョイスが若干センス無いこと以外は、非常に良いムックだと思います。

Dutch Armies of the 80 Years’ War 1568–1648 (2): Cavalry, Artillery & Engineers

  • 著者: Bouko de Groot
  • 新書: 48ページ
  • 出版社: Osprey Pub Co
  • 発行年月: 2017/9/21

読書メモ

同著者による第二弾。発売日より少し早めに届きました。

まずは騎兵・砲兵連隊長リスト~!と思っていたらありませんでした…。これはものすごく残念…。1冊めは概要と歩兵について、この2冊めは騎兵・砲兵・攻囲技術を中心に、1冊めに書かれなかった諸々と結論となっています。隊形の変化や行軍時の展開に重点が置かれているのと、他にあまりないところでは、架橋(舟橋)や盾・地雷などの小道具にも触れられています。

相変わらず本文中あちこちに散っている小ネタはおいしい。「将校は軍装で銘々好きなようにスタイリッシュさと富を競ったが、マウリッツだけは例外で、いつも黒しか着てなかった」なんて記述を見ると(もっともこれも既出っちゃ既出ですが)、読み進めるのが楽しくなります。

こちらの地図は、1冊めと違って攻囲戦に限ってプロットしてあります。なので、八十年戦争の戦闘地図にもかかわらず、ニーウポールトが無いというレアな代物。用途で使い分けると良いでしょうね。

Pike and Shot Tactics 1590-1660

  • 著者: Keith Roberts
  • 新書: 64ページ
  • 出版社: Osprey Pub Co
  • 発行年月: 2010/3/23

読書メモ

Eliteシリーズ。MAAシリーズよりページ数がやや多く、特定のトピックスを掘り下げた内容になっています。タイトルどおり「戦術」、とくにこの場合は隊形・フォーメーションに特化しています。

オランダの軍制改革、スペインのフランドル方面軍との比較、三十年戦争のスウェーデン軍での進化を経て、最後に真打としてイングランド内戦が登場。作者はイングランド内戦の専門家のイギリス人なので、イングランドに寄った内容になっているのはご愛敬。それでも、レスター伯時代と比較して、オランダ軍制改革の真っただ中にいた英軍司令官フランシス・ヴィアーをイングランド人先駆者ととらえ、その部下たちの書き記した記録をもとに数字で示す手法には説得力があります。

ところどころのフォーメーション図はおそらく作者が鉛筆かなにかで書いたもの。1590-1660となっていますが、スウェーデン軍とイングランド王党派軍に焦点が当ててあるので、1630-40年代のボリュームが多いです。カラー挿絵はすべて、その時代の特定の野戦のオーダーになっています。

惜しむらくは、この本全体のリファレンスが無いこと。図版についても出典をぼかしてある印象を受けます。本文中には触れられていることもあるのですが。とくに、三十年戦争期のオランダ戦術の伝播について、リアルタイムの出版事情が取り上げられている箇所は要付箋項目です。

Matchlock Musketeer: 1588-1688

  • 著者: Keith Roberts
  • 新書: 64ページ
  • 出版社: Osprey Pub Co
  • 発行年月: 2002/2/25

読書メモ

Warriorシリーズ。「Pike and Shot」と同一作者による一昔前のもの。こちらのほうが広く浅くなので、基本を押さえるのに向いています。「Pike and Shot」にはない、軍隊運営や攻囲戦の項目もあります。相変わらず図版の出所はあやしいものの、こちらはリファレンスもがっつり1ページあり。ただし、英語由来の二次資料しかここには挙げてありません(本文中には一次資料についても言及されていますが)。

徴兵・費用・給与など、具体的な数字が出ているのもうれしい。軍服の価格や、イングランド軍の給与の変遷図などもあります。中央カラーは、オスプレイによくある図鑑的なもののほかに、スナップショット的な兵士生活の一コマを切り取った風のものもあります。


関連記事